ホームページを制作するには大きく分けると2つの方法があります。 1つは、テキストエディターやHTMLを作成するソフトを利用して、自分でホームページを構築していく方法です。 こちらの方法のメリットとしては、オリジナルのホームページを作りやすく、自由度の高いホームページを作ることができることでしょう。 反面で、デメリットとしては簡単なものなら、そこまで知識がなくとも作れますが、本格的なホームページを作ろうとするなら、ある程度はHTMLやCSSなどの知識が必要になることです。 本格的なプログラムを学ぶ必要はなく、HTMLやCSSもそこまで難しいものではないので、あまり時間をかけることなく学習することができますが、やはり手間暇がかかってしまうのが大きなネックとなるでしょう。 もう1つの方法は、CMSなどのツールを利用してホームページを作成する方法です。 CMSとは、端的に書いてしまうと、大手のブログサービスが使っているブログシステムと似たツールのことで、無料のものから有料のものまで幅広いソフトがあります。 こちらのメリットは比較的に簡単で、特にHTMLなどを知らなくても、ソフト側で自動的にホームページを作成してくれるところでしょう。 その為、自分が望むような細かいカスタマイズをするのは、自分でホームページを作るよりも深い知識が必要となります。 デメリットとしては、上述したカスタマイズの煩雑さなどをあげることができますが、近年ではこちらの方が主流になっています。 ホームページを開設するには、サーバーをレンタルするなどして、ホームページを立ち上げるスペースを事前に確保する必要があります。 これはいずれの方法でも共通しているのですが、ツールを利用するケースですと、ブログシステムごと利用するタイプと、サーバーだけをレンタルしてソフトは自分でインストールして使うものと分けることができます。 どちらが優れているといったことはありませんが、無料のサーバーですとツールをインストールすることができないこともあるので、自分の目的にあわせて選んでいくと良いでしょう。

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログ…